オールシーズンタイヤが雪道で性能を発揮できない理由!

イメージ

「オールシーズンタイヤにすれば一年中タイヤ交換しなくていいの?」


オールシーズンタイヤ

雪っていつ降り始めるか分からないし、いつ降りやむかも分からない。だからオールシーズンタイヤにすればいちいちタイヤ交換をする必要がないのでは?

これは正しいようです!

しかし気を付けなければならないのが、オールシーズンタイヤは“夏タイヤと冬タイヤの間の子”ということ。

乾いた路面では夏タイヤほどグリップが効かず、凍結した路面は雪道では冬タイヤほどの性能は発揮してくれません。また乗り心地も夏タイヤほどよくはないですね。

悪い言い方をすれば、どっちをとっても中途半端。ノーマルタイヤよりも消耗が早いです。
良い言い方をすれば便利なタイヤですね!スタッドレスよりも消耗しにくいです。

オールシーズンタイヤは1年のうちに積雪の期間が長い地域にオススメのタイヤです。

タイヤ交換の手間がいらず突然の雪に対応できます!
降ったりやんだりの大雪を繰り返す雪国にうってつけのタイヤですね。

スタッドレスタイヤの空気圧は高めじゃダメ!なんて嘘

イメージ

スタッドレスは空気圧低めにした方がいいの?」


スタッドレスタイヤは空気圧を低めに入れることで地面と接する面が増えグリップ力も上がると言われています。
しかしそうするとカーブの際にぐにゃっと違和感を感じることもあり、あまり乗り心地はよくありません。

またタイヤメーカーは開発後、そのタイヤで一番性能を発揮できる空気圧をテストして適正値を出しています。

ですので、そのタイヤの正式な適正圧で空気を入れることでスタッドレスの性能を十分に発揮することができるようになっています!

性能を十分に発揮できるのは「適正の空気圧」
記載通りの空気圧で性能も乗り心地も向上させましょう!

スタッドレスタイヤは燃費が悪い?グリップ力で低燃費?さてどっち!!

イメージ

「グリップ力もありそうだし、スタッドレスタイヤの方がノーマルタイヤより燃費がいいってほんと?」


タイヤのイメージ画像

スタッドレスタイヤは雪道で滑りにくくするためグリップ力があります。ということは、ブレーキが効きやすく燃費が良いのでは?

と、思われがちなのですが・・・

実はその逆!スタッドレスタイヤは急ブレーキが効きにくく燃費が落ちてしまうのが真実です。(詳細は前ページ「 スタッドレスタイヤの意外な落とし穴 」にて)

しかし、最近では低燃費を目指したスタッドレスタイヤが多く出ています。

もちろん普通のスタッドレスに比べ、スタッドレス低燃費タイヤの方が燃費が良いことは言うまでもありませんよね!
そして、これにあたるのが「 アイスガード 」や「 ブリザック 」です。

残念ながらスタッドレスタイヤの方が燃費が悪いようです。
しかしアイスガードブリザックなど、低燃費タイヤは試す価値がありそうですね!

< Let's share! >

記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

< Let's share! >

記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてくださいね♪

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ