凍結路面をノーマルタイヤで走るとどんな感じ?

イメージ

「スタッドレスって高いし、1日ぐらいならノーマルでも大丈夫?」


自動車学校で習た言葉で言えば「ブレーキを踏んでから完全に停止するまで、凍結路面では乾燥路面の3倍の距離が必要」と言われています。

凍結時の制動距離

正直、私もノーマルタイヤで凍結した路面を走ったことがありますが・・・一度停止するとなかなか再発進できないうえに、一度発進するとなかなか停止できません!

踏切事故

具体例でいうと、踏切で一旦停止してから再発進してからすぐ前方の車が信号で急停止した場合・・・あれは確実に追突します。

また橋の上もかなり危険です。地面と密着していないため地熱がなく冷えやすいので、寒い日はすぐに凍結します。

凍った橋では車がなかなか登っていかないうえに下る際ブレーキは効きません。勢いよくアクセル全開で登った後にスピードが出たまま下り前方車両に追突します。

私の知人2人はこんな感じで事故りました。もちろん10対0で多額の修理費を負担したうえ、自動車保険も1等級ダウンで保険料が値上がりしました。

そんな話を立て続けに聞いてからこれは他人事ではないと思いなおし、そこでやっと私もスタッドレスタイヤを購入しました!

己の運転技術に過信することなかれ。
雪道での走行は皆様も気を付けてくださいね。

突然の雪!上り坂を登れない時はどうする?

ノーマルタイヤの場合はもちろんですが、スタッドレスタイヤであっても急な坂道は登れないことが多々あります。

とくにゲレンデなどで積雪量が多く交通量も多い圧雪された道では、登れない車で大渋滞することもしょっちゅうです。

そんな時に危険なのが、無理してアクセル全開で登ろうとすること!余計に滑ってズリズリっと後続車に追突してしまいます。

そこで、1つの可能性として頭に入れておきたいのが「バックで登ること」です。FRの車でもFFの車でもこの方法は有効でした!

ちょっとヤバいかもなと思った時点でスペースを探してUターンし、バックで登ってみるのも手ですよ。

経験談ですので、全ての車種がそれでいけるという保証はできません。自己責任でお願いします(汗)

一年中スタッドレスタイヤって大丈夫なの?

イメージ

「いちいち戻すのも面倒だし、ずっとスタッドレスにしておけば冬も安心だよね?」


雪の走行イメージ

たしかに冬はいつ雪が降るか分からないし、スタッドレスにしたりノーマルに戻したりするのって結構面倒。
2月になり、もう降らないだろうと山を張ってノーマルに戻したら突然大雪・・・なんてよくある話です。

しかし「スタッドレスタイヤを乾いた路面で走行するのは危険!」なんて話はご存知でしょうか?

スタッドレスタイヤの意外な落とし穴・・・

スタッドレスタイヤといえばブレーキの効きが良くなるイメージですよね?
しかし!それは積雪時や凍結時の話。

あまり知られていない話ですが、スタッドレスタイヤというのは乾いた路面でブレーキが効きにくくなるのが事実です。

もっと詳しく言うと、スタッドレスタイヤは急ブレーキに弱く、通常のブレーキ時にくらべ急ブレーキ時には制動距離が長くなります。

また熱の摩擦により消耗が早まるため、スピードにも耐えられません。
※実際に年中スタッドレスを履いてみたところ1年でツルツルになってしまった経験があります(泣)

ただでさえ高価なスタッドレスタイヤを一年に一度タイヤ交換する羽目になってしまいます。

1年365日のうち雪の降る日はたった数週間です。
雪の降らない数百日間はノーマルタイヤの方が絶対に安心ですね!

< Let's share! >

記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

< Let's share! >

記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてくださいね♪

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ