車ボディコーティング 徹底比較!

ガラス系コーティングのウソホント!おすすめは?

ガラス系コーティングのメリット、デメリット、ウソ、ホント。市販のガラス系コーティングの選び方やおすすめなど。

ガラス系コーティングのウソホント!

ガラス系コーティング

ガラス系コーティング、正しくはガラス系ポリマーコーティングです。 ガラスコーティングって書いてある市販品の全て、 ほとんどのディーラーのガラスコーティング、一部の専門店のガラスコーティングも本当は『ガラス系ポリマーコーティング』です。

実は、コーティングの種類の公的な規格がない!!! しかしそこには明らかな効果の違いがあるので、問題ですよね!

当サイトでの分類について

ガラス繊維系ポリマー

ポリマーにガラス繊維を含有。『ガラス繊維系』など書いてある。要はポリマー。

ガラス系ポリマー

ガラス成分を含有、化学変化にて硬化。『硬化型』など書いてある。いずれにしろ劣化が早い。

ガラス

ガラス成分からできている。もちろん化学変化にて硬化、ポリマーは入っておらず、長期持続する。

ガラス系コーティングのホント

ガラス系はガラス成分の効果で強い、しかしポリマーの劣化は早い。
だから劣化部分が除去できず、ずっと塗装を痛め続けます。

硬化系は、劣化部分の除去なしで塗ると、油膜や汚れの影響で硬化不良が!
その部分は見た目はシミですが、剥離磨きしないと除去できません

コーティング成分が残ってれば持続期間。 短期の実験室テストのみで長期持続。
など、ありえない誇大広告が多過ぎです。 せめて3ヵ月は自分の車などでテストしてほしいと思います。

ガラス系コーティングの選び方

市販品はおすすめしません。
ガラス系は、専門店に依頼するか、 洗車で劣化部分が除去できる硬化期間の短いポリマーを選びましょう!

車・コーティング関連、こんなのも(笑)

更新情報をSNSでチェックする