車をキレイに保つ走行方法とは?

車に付く汚れの多くは油汚れです。特にワックスやポリマーをかけている場合には注意が必要です。
というのは、同種の物質同士は「なじむ」のです。
ワックスやポリマーも油ですので、付着する油汚れをキャッチして逃さないのです。

さて、どうすればその油汚れを減らすことができるのでしょうか?
その前に、走行中に付着する油汚れっていったい何でしょう。
お分かりだと思いますが、排気ガスです。
また、前の車のオイル等が漏れていると、それらも付着します。
これらは、前の車に近いほど「濃い」状態で、遠いほど「薄い」状態となります。
風などで飛ばされますからね。

ということは・・・
そうです。車間距離を大きくして走ることがその方法なのです。
安全運転は、車のキレイにも良いということですね。

今回のご相談!ウィンドウの撥水

個別の商品に付いて解説するわけではないのですが、つまり、シリコン系と呼ばれる種類についてお答えしますね。
量販店で販売している撥水剤は、大きく分けて2種類あります。
それは「フッ素系」と「シリコン系」です。
シリコン系はつまりは油です。
油なので撥水力はそれはもう素晴らしいです。 しかし、劣化が非常に速い!雨でも実は流れています。
さらに劣化するとしつこい油膜となり、ギラギラになってしまうのです。
逆にフッ素系は、そのような状態にはなりません。
撥水力は少々劣るものの、しっかりと撥水してくれます。

ご購入の際は、フッ素系を選択しましょう。
見ただけではなかなか分からない場合には、店員さんに聞いてみましょうね。

当店で使用しているものは、ガラス繊維とフッ素のハイブリットタイプで、長持ちと撥水力を兼ね備えたものです。
よろしければお問い合わせくださいね。

このページの先頭へ