ウォータースポット・イオンデポジットとは

ウォータースポット
ウォータースポット

ウォータースポットとは? 左写真の小さな黒い跡、また2つの白い跡、両方ともウォータースポットと呼んでいる方も多いようですが、実は異なるものです。
この黒い跡は、劣化した油膜、白い跡はイオンデポジットと呼ばれるものなのです。
ウォータースポットとは、劣化がクリア層や塗装に浸食し、凹んでいるもののことです。 パッと見はイオンデポジットに非常に良く似ています。

このページの目次
  1. イオンデポジット
  2. ウォータースポット
  3. イオンデポジットやウォータースポットになる原因とは

イオンデポジット

ボディー上の汚れや雨中の汚れなどがボディー上に付着します。 それらが水分の蒸発とともに固着します。 一度、固着すると、次の雨でも同じところに水滴が付着しまた固着します。
それらが紫外線などにより、化学変化を起こし、塗装に影響を及ぼすようになるのです。 これがイオンデポジット。
出来る限り早めに洗車すると除去できますが、塗装に浸食し始めているものは洗車では除去できません。
そうなると、ボディーを磨かない限り除去できなくなるのです。

ウォータースポット

  • 水玉によるレンズ効果で塗料に直接ダメージを与えたもの。
  • イオンデポジットが成長し、その部分が凹んでいるもの。
  • 酸性雨などで、水滴の部分が凹んだもの。

と、実は人により言うことが違うのです。 しかし、イオンデポジットにより凹んでしまったものはクレーターと言う名前が付いていますので、これは違うのでしょう。 考えてみれば、酸性雨もこのクレーターと同じですね。 そうなると、レンズ効果が最も正しいのかもしれません。

塗装は多くの場合、塗料の上にニスみたいな透明な層があります。 これをクリア層と言います。
レンズ効果とは、クリアの上に付着した水玉が虫眼鏡のレンズの役目をしてしまい、塗料にダメージを与えるものです。 そうならば、現在(2013年12月)では、ウォータースポットと言うものはほとんどありません。
塗装の質が悪かった昔はあったようですね。

ただ、全部ひっくるめて「ウォータースポット」という呼び名が分かりやすいので、当店ではそう呼ぶことにしています。

イオンデポジットやウォータースポットになる原因とは

しつこい劣化した油膜やイオンデポジット、ウォータースポットは、なぜできるのでしょう。 現実、それらが発生する原因を4つご紹介します。

原因は4つ!

  1. カーシャンプー、ウォッシャー
  2. ワックスやポリマーコーティング
  3. 鳥フン、虫、樹液

カーシャンプー、ウォッシャー

ウォッシャーを雨でない日に使用したり、カーシャンプーをきちんと流しきらなかった場合、 イオンデポジットになる可能性が非常に高くなります。というかなります!
これらは、多くの化学物質を含んでいますので、紫外線により化学変化しやすいのです。
また、粘性がある程度あるため、一緒に付着した汚れがそのまま固着してしまいます。
私は、ウォッシャーには、水を入れているほどです。 しかも、意地でも雨の日にしか使いません(笑)

ワックスやポリマーコーティング

ワックスやポリマーコーティングなど、油脂系の柔らかいコーティングの場合、それらが容易に雨で流れ出します。
すると、雨の通り道に劣化した油膜がたまりやすく、それらがしつこい劣化油膜となるのです。
上の写真のように、水滴が流れたように黒いシミが付いているのがこの状態です。
頻繁に洗車し、油膜が劣化する前に除去するか、研磨してコーティングやワックスごと除去するしかありません。

鳥フン、虫、樹液

これらは、コーティングや塗装を非常に劣化させる大変に大きな原因です。 酸性なので、どんどん浸食していくのです。
最悪の場合、その部分だけ、塗装がひび割れたようになります。 こうなると、もはや再塗装するしかありません。
木の下に駐車した後には、早めに洗車する。
虫や鳥フンは、洗車も何も、とにかく早く除去することです。

ウォータースポットやイオンデポジットとは少し違うのですが、塗装を痛める大きな原因の1つに塩分の付着があります。 海に行った時など特にそうですね。
水洗いでも構いませんので、早めに洗車してしまいましょう。 でないと、金属がむき出しの部分からさびてきてしまいます。
塩分は、錆びるスピードを速めるのです。

このサイトの著者「to Heart」にいいね!を♪

関連ページ
人気記事

洗車 方法

コーティング比較
コーティングのウソ、ホント?

洗車 方法

自分で磨く?
自分で車のボディー磨きをする方法

洗車 方法

ウィンドウ撥水について
キレイにムラなく、しかも効果を長持ちさせる施工方法

洗車 方法

正しい洗車方法
洗車方法のウソ、ホント

このページの先頭へ